あけましておめでとうございます。

 

 

気付けば師走、あっという間に31日、そしてガキ使を見ながら笑っていたら、あれま年越し!という感じで、
迎えました。2018年。
タイトルにも書きましたが、みなさん、
あけましておめでとうございます!

 

 

去年の2017年はもう怒涛の一年で、師走とか関係無しにうちの師匠毎月走ってっから!と弟子もイキりたくなるような一年でした。年始のマラソン走るんだっけ?って言わんばかりの走り込みでね、今年はなんとかクールダウンしたいです。なんなら動く歩道とかに乗っていたい。見かけスピーディでいい。

 

 

今は初風呂をしながら、午前2時半、この記事を書いております。
31日は有志で職場の大掃除だったんだけど、起きたら終了時間だったので諦めました。寝坊納めっつってね、まあいいんじゃないかなって。

 

 

去年の今頃はまだ仕事をしていて、同僚とみんなで神社に行くぞー!って張り切っていたなあと、ついさっきその元同僚から新年の挨拶が来て思い出しました。
今年もどっかで会えたらいいね!と、お互い違うことをしながら違う場所にいても、こうやって言い合えることは素敵だなぁってしみじみしています。
日常の中でも過去を振り返ることはありますが、年末年始は特に、その機会が多いような気がします。

 

 

少し遡るんですが、東京時代にずっと勤めていたカフェが閉店して、去年の10月で1年が経ったんですね。当時は凄く悲しくて寂しくて、心にぽっかりと穴があいていました。
たくさんの人と知り合って、交流があって、たくさんの人に自分もお店も支えられていて、そんな場所が無くなって自分はこれからどうしていこう…と、数ヶ月はうじうじしていました。

けれど今、その時のお客さん達と新年の挨拶を出来ていて、改めて嬉しく思うんです。お店が無くなった後、初めて同じ視線の高さで一緒にご飯を食べて、初めてその人との会話だけに集中が出来て、やっとちゃんと友人になれたのかな、と。

今でも変わらず支えてもらっていることに、心から感謝したいです。

 

 

 

 

2017年、東京を出て瀬戸内の島へ行き、島根、軽井沢、奈良に、そして現在名古屋へと辿り着きました。
本当にたくさんの出会いと別れがありながら、深く結びついた縁もあり、また結び直された縁もあったりして、人生何が起こるかわからねえぞって言葉の重みが更に増したような気がします。


今年こそ腰を据えていろんなことに目を向けたい!って考えて、ひとまず始めたのがこのブログです。
口下手な自分はTwitterの140字では足らずに、ひたすら書き殴って文字数オーバーのまま下書きに放置しとこ。ってことが多々あるので、のんびりすらすらすらすら書ける方がいいかなあと、去年から考えていたことを、ついに実行。放置しないようにしたい。


実はこの記事を書いていながらブログ自体はまだ作っていないので、まさに見切り発車状態なんですけど、
もし!この記事が誰かに読まれているとすれば、無事に開設完了というわけです。読んでくれたそこのアナタ、是非今お風呂のお湯が冷えてきて震えている過去の今平を応援してやってください。

 

 


皆さんがたくさんの思いやりで包まれる一年になりますよう、思いやりの連鎖のきっかけになれますよう、どうか優しい一年が待っていることをお祈りして、締めの言葉とさせていただきます。

 

今年は夢のコーギー年!
それだけでウキウキな、今平でした。