お節フレンズ

 

 

今日は既に冷えてきてるお風呂からお送りしております、今平です。

ちょこっと昼過ぎまで仮眠して、元日から働いてる友達のとこに顔出すぞー!って思ってたのに、気付いたら19時でした。
睡眠に貪欲な今平。今年の目標は

起きている時間を増やす

ですよろしくお願いします。

 

 


結局外へ出ずごろごろしていたら家主が実家から帰ってきまして、お節を持って帰ってきたよーと。

今平「伊達巻食べたい。栗きんとん!」

家主「黒豆でも食ってな」

「黒豆も好き」

「…お節の黒豆の意味知ってる?」

「あ、なんかちゃんと意味あるんだよね、なんだっけ」

マメに働けってことだよ

「年始早々!凄まじい嫌味!!!!!」


本当に凄まじい嫌味。
鳩が豆鉄砲どころじゃないよ、黒豆鉄砲くらった今平の顔をお見せしたかった。

ガチの嫌味ではないから安心だけど。たぶん。不安。働くけども。

去年は働き過ぎで二度体調を崩してるから、今年は何が何でも無理はしません。どんどん休もうと思う。
身を粉にして働いて、本当に粉になっちゃったら意味ないからね。

 

 

 

 

 

明日は起きれたら頑張ってスケジュール帳を買いに行きます。
早速今年の目標を揺るがすような"起きれたら"発言に自分でも驚いていますが、頑張りたいとは思ってるんです。ほんとに。

あとはなんか、なんかしたい。名古屋散策を一度も出来ていないのでいい加減散策したい。栄に行き隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


⚪︎せっかく話題にしたので、他のお節料理の意味など

海老……海老のように腰の曲がるくらい長生きするように、長寿を願って。
数の子……子孫繁栄。
栗きんとん……栗金団と書くので、そのまま金運上昇、繁栄を願って。
ごぼう……深く根を張ることから安泰を願って。たたきごぼうは別名開きごぼうとも言って、運が開くようにという意味もあります。
昆布巻き……養老昆布→"よろこぶ"とかけて不老長寿、また"子生(こぶ)"という字もあてて子孫繁栄も意味する。
里芋……子孫繁栄。
鯛……おなじみ"めでたい"との語呂合わせ。
たけのこ……筍の成長が早いことから、子供達の成長と出世を願って。
田作り……名前の通り豊作を願って。
伊達巻……形状から反物(着物などの布)を連想させて、着るものに困らないよう。また巻物を連想させ、学問が上手くいくように、文化が発展するようにと願って。
鰤……出世魚なので、出世を願って。
八つ頭……出世して頭になるように。また子孫繁栄も意味する。
蓮根……穴があいてることから、将来を見通せるように。

 

他にもたくさん具材も由来もあるけど飽きたからこれくらいでいいよね、今年お節食べてないし

お節食べたい。