必要資格は里芋?

 

 

病棟の看護婦さんに吉野さん(仮)というとてもパワフルな女性がいる。背が小さく、ハツラツとしていて、ちょっとぽっちゃり。
もし森三中が勢力拡大と題して森四中になるとしたら、間違いなく吉野さん(仮)が選ばれるであろう、そんな人。

患者さんにも容赦無いパワフルぶりは、聞いててちょっと!って思うことが多々ある(もちろん笑える方で)。

 


〜患者さんとお喋り中
「なーにあんた、喧嘩売ってんのかい?」
「買うよー喧嘩なんてー」
「グーでいくからね!」


〜今平とペット談義中
「やっぱかわいいんだよね、寄ってくるもんはなんでもかわいいわ。」
他の看護婦さん「今寄ってくるよ、薬がどーのご飯があーだこーだって(患者さんのこと)。」
「蹴っ飛ばしてやる」


〜お昼ご飯の時間
「◯◯さーーーーーん!!ご飯来たよーーーーー!!」
「あたしが食べちゃうよーーーー!!」
「………イタダキマス…」

 


出てくる言葉は厳しい(?)けど患者さんにめちゃくちゃ優しい吉野さん(仮)。
今日も元気に仕事を終えていた。


「そろそろ上がる時間だな……チッ、1分も無駄に働いちまった。」

 

 

 

 

 

 

 


病院食で今までに2回出てきた"里芋の揚げ煮"が頬っぺたが落ちるくらい美味しくて、鍋いっぱいにください!って言いたいレベルなんだけど、本当にレシピが知りたい。

こいつは美味え…革命だ…って料理に巡り合うと真っ先にこの料理を作ってくれる恋人を探そう!ってなるんだけど(単純と言えば聞こえはいいが恋人の存在意義を疑われかねない)、今までの傾向を見るとすぐに自分でマスターしちゃうんだな。

 


3年くらい前、結婚してる友達に、これまたありがちな質問だけど長続きの秘訣を聞いた時ことがあった。


「どうしたら長く続くんだろう、長く続くというか、いい相手が見つかるんだろう(この時も独身)。」

「いい相手が見つかるかはわかんないけど、いい相手ってどんな人?ってところから考えてみたらいいかもね。
例えば私の友達は、顔も良くて…お金もあって…自分を優先してくれて…ってどんどん条件を挙げていく子がいるんだけど、ほとんどが"その子が欲しいもの"なんだよね。"欲しいものを持ってる人が欲しい"…みたいな、上手く言えないんだけどね。」

「なるほど。」

「私は逆に欲しいものは全部自分で一回手に入れようと頑張って見るタイプだから、恋人に求めないことが、上手く続いてる理由の一つなのかもしれない。
あれが欲しいこれが欲しい、っていろんなものを見るのも楽しいけど、好きな人の力になれるって嬉しいことだからさ。求めることも大事だけど、それ以上に与えることの方が私にとっては大事かもしれない………って言いながら、たくさん貰っちゃってるけどね。」

 


照れ笑いしながら話してくれた内容は見事その後の今平を形成する一つになった。


◯◯してくれたら嬉しい…は綺麗に昇華され、◯◯してあげたら喜ぶかな…となって今尚今平の成長を促している。

ベクトルの向きが同じだときっと上手くいくのかな、その子の旦那さんも欲しがるより与える側の人だったな。

 

 

 

手にしてしまえば案外いらなくなったりして、

自分の体を鍛えたら相手の体型もさほど気にならなくなるし、
自分で作れるようになってしまえば料理の腕も気にならなくなるし、
なんだかんだ自足していけちゃうことが嬉しくもあり寂しくもあり…

けれどいろんな人の横に立っても恥ずかしくない人間でありたいなと、自分の向上心を奮い立たせる毎日なのです。


いろんなことを学ぶと、一人で歩く道でもたくさんの新しい発見があって、楽しくなるんです…よ……寂しくないやい!

お互い求めすぎず、与え合える関係、
憧れますなァ…

 

 

 


現在昇華タスクに入ってるものといえば、

・バイクの免許を取る
・マッサージの勉強をする

くらいだろうか。

理由はもちろんバイクの後ろに乗りたいし、
上手なマッサージをされたいからだ!!!!!
どちらかでも今平に与えられる方はこぞってご連絡ください。跳ねます。

 


あ、あとは里芋料理が上手な人も……。